Worker's room

つらいとき思い出す言葉

こんにちわ!街クリワーカーのKです。

つい最近お正月だったのに、もう2月なのですね~。
昨年からコロナが続いて、ちょうど去年のこの時期ぐらいから騒がれはじめた気がします。
そろそろ海外にも行きたい今日この頃ですが、ちょうどパスポートも切れました・・・(T_T)
いつ終わるのでしょう・・・

 

さて、今回のテーマは「座右の銘」ですが、
こんな時期なのでパッと思いついたのが、『ピンチはチャンス』という言葉です。

ピンチな時はピンチなので、すぐにチャンスだなんて思えませんが、
乗り越えた後の評価や成長で、振り返るとあの時チャンスだったんだなぁっ思う事が多いです。

 

去年からコロナの影響で仕事も私生活も色々な変化があり、今までとは同じようには行かない状況です。
大体ピンチの時って同じやり方では上手くいかなくて、行き詰まってる時が多いんですよね・・・

 

コロナでどの企業も苦しそうな状況ですが、
いち早く時代の変化や状況にあわせて柔軟に対応し、手段を変えることで売上げを伸ばしている会社も多いです。

行き詰まった時は視点を変えて、状況に合わせてやり方も変えていくことが必要なのかと思います。

 

発想の転換といえば、ソフトバンクの孫さんのこんな名言(迷言?)も思い出しました。

「髪の毛が後退しているのではない。私が前進しているのである」

物事のポジティブに捉えるだけで、見方が変わるんだなぁと印象に残った言葉です。笑

 

仕事もリモートワークが増えたことでメリットもあるけど、集中できないし、慣れないことでしんどいなぁと感じることも多いです。

ポジティブに考えると、メリットを活かして時間を有効に使えたり、新たなスキルアップに繋がるチャンスなんでしょうね。笑

 

『ピンチはチャンス』

つらいなぁ、きついなぁって時はこの言葉を思い出して頑張りたいと思います。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。