Worker's room

可能性をゆるっと広げる言葉

こんにちは、街クリワーカーのKです!

漫画で漢字を覚えたくらい漫画と共に育った私ですが、お家時間が増えたことで子供たちもすっかり漫画っ子になり嬉しいこの頃!お年玉で買い揃えた漫画たち、デジタルよりも紙派ゆえについに置き場所がなくなり。他の物を奥へ追いやってまで漫画の整理にいそしんでいます♪

私の座右の銘は「苦手は伸びしろ」です。

知らない・何となくでついつい済ませている物事から距離を置いてしまっていたんですが(契約や家電の使い方などなど…)よく知らないということは単に自分が向き合っていないだけで、可能性たくさんの未開拓の地なんだ!と捉え方をシフト。まだまだ知らないからこそ、調べる、聞く。そんな当たり前のことでお恥ずかしいのですが、納得して決断できる様になりましたし、苦手が一変、食わず嫌いが判明することも多々あります。

子供から欲しい物や試したい事のリクエストがあった時、昔は大人が調べていましたが。伸びしろを伸びしろのままにしてほしくないなぁという思いから、分からないからこそ一緒に調べよう!と促しています。この間は息子からゲーム機のswitchに、あえてPCのマウス&キーボードを繋げて操作したいと言われ、適したアイテムを検討しました。そこにゲーム機あるしPCでも可能なのに、なぜ⁈(笑)。本人も頑張って調べた結果①カッコいいマウス&キーボードは高価 ②連動させるためにコンバーターも必要。「この値段ならば買わずに、そもそもPC版で充分だったかも」と自分なりに選択。子供の頃の無駄遣いも大人になってから愛しいロマンに思えたりもしますが(笑)、「switchよりも複雑な操作がプロっぽい!」とPC版も楽しんでくれています。

苦手や未開拓ジャンルも「伸びるってことだ」と気張らずに前向きに転換していけたらと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました!