Worker's room

青春時代にもらった言葉

みなさん、こんにちは!
週末は暖かったり、急に寒くなったりと体調管理が大変ですが、季節の変わり目だそうですね。
春が近づくわくわく感の訪れがとても楽しみです。

 

最近私が楽しみにしているのが、毎週水曜日放送の某占い番組です!
芸能人の方の生い立ちやその時々の葛藤や苦悩、占いの的中などに驚いたり感動したり。
占い師の方の、その後の生き方を導く言葉のパワーに圧巻されています。
もし、自分が“今”占ってもらえるとしたらどんな言葉をいただけるのか・・・なんて想像してみたり。

そんなことを考えながら自分の人生を振り返ってみると、その時々のライフステージで出会った言葉がありました。
当時の座右の銘は、今も覚えていて今の自分を形成してくれたものだと思っています。

 

その1つ。
高校時代のことですが、小さな頃から大好きなある球技を強豪校でチャレンジしたく、厳しい環境に飛び込みました。
身長が低いのでとても不利だったのですが、“チームの為に自分に出来る事”や

“両親への恩返しとしてメンバー入りしたい”という気持ちで、必死に過ごした3年間でした。
当時、毎日のように練習ノートに書いてたのが、「一球入魂」とか「仲間のために一生懸命」とかです。
高校生らしい座右の銘、汗の香りがたっぷりの青春です(笑)
ちなみに、恋愛もケータイも禁止でした。今では考えられません!!(笑)

いつの日だったか高校3年生の時に、監督から頂いた言葉が今も心に残っています。

 

「お前は、人を裏切らん。」

 

監督と1対1で話すことは少なく、怒られないかビクビクして過ごすこともありましたが、

日々の努力や監督・仲間との信頼関係を認めてもらえた言葉でした。
たった一言ですが、その言葉の中には、色んな意味が込められているのを感じました。

その後、しばらく経ったとても寒い日に、突然の別れが訪れました。
還らぬ人となった監督を前にして、部員全員で泣く事しかできなかったのを鮮明に覚えています。
監督からいただいた言葉は重みを増し、どこかで支えとなり、学生や社会人の大変な時も頑張れました。

 

すこし悲しいお話になってしまいましたが、
振り返ると他にも、様々な場面で出会った自分を支えてくれた言葉があります。

皆さんがブログで書かれているように、日々の生活の中でたくさん素敵な言葉に出会えそうですね!
これからの人生で、どんな座右の銘と出会えるのか楽しみです!

 

ちなみに占いは20代前半に友人と行ったっきり。
2人とも当時付き合っていた彼氏と結婚しない方がいい!なんて言われましたが、お互い結婚して平和に暮らしています(*^^*)

 

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました!