Worker's room

「満点じゃなくていい」

2度目のブログを担当します、ざわっちです。

さて。今回のテーマは「座右の銘」・・・。

何があるだろうと検索しました!就職活動向けのサイトがたくさん出てきました!(笑)

軽く目を通すも、どれもピンとこない・・・。(というか、面接で座右の銘を聞かれたことなんてない)。

 

何かないだろうかと、色々考えている中で思い出したことが1つありました。

 

私の母はあまり「勉強しなさい!」という人ではありませんでした。

それは、私が自ら進んで勉強をしていたから・・・ではありません(当然です!!笑)。

いつだったか、ポロっとこんなことを言われたのを、今でも覚えています。

 

「試験なんて、70点でも100点でも、同じ合格は合格なんだから」

 

母の言う通りです。満点でも合格点ギリギリでも、合格は合格なんですよね。

それでも満点を目指すか、ギリギリを目指すかの違いですよね。

 

母の言葉は、学生時代の私にとってはとても嬉しい言葉でした。

「合格は合格だから、最低限だけできてたらいいよね」と。

でも、今回ブログを書くにあたり、このことを思い出して、ふと思ったことがあります。

 

「仕事に関しては、合格ギリギリではなく、満点を目指すべきなのではないか」

 

今私がお世話になっている、街クリのお仕事であれば、修正の必要がない原稿を作ること。

それが満点の仕事なのではないかな?と。

「ほぼ修正しなくて大丈夫」で合格点なのではなく、

「修正不要!」で初めて合格を貰えるということだなと、改めて思いました。

 

「満点」目指して、日々色々なことを吸収しながら、これからも頑張っていこうと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。