Worker's room

小さなことからコツコツと

こんにちは。街クリワーカーのTです。

「座右の銘」がテーマとのことで、ぱっと頭に浮かんんだのは
【小さなことからコツコツと】です。

 

この言葉でまず思い浮かぶのが、西川きよしさんではないでしょうか。
大阪で生まれ育った私は、小さい頃からテレビなどで
西川きよしさんが言ってるのを見聞きして、自然と覚えたフレーズです。

 
かといって、特に実感をすることなく過ごしていたのですが
中学生の時にこの言葉が身に沁みることがありました。

 

英語は赤点で、再試験を受けるくらいの中学1年生でした。
ふとテレビで放送していた1本の洋画をたまたま観た瞬間に
ビビビッとくるものがあり、人生が変わりました。
 
その映画に瞬時にして惹き込まれ、日本語の吹き替えや字幕なしで
英語のオリジナルでこの映画を観たい!と強く思ったのです。
 
英会話教室に通いたいと親に懇願して、部活もやめて
とにかく毎日英語の勉強に没頭しました。
理解して応援してくれた両親に感謝です。

 

もちろん、自ら意欲的に勉強したのは人生で初めての出来事でした(笑)
とにかく手当たり次第、教材を読んだり、単語帳を作ったり、辞書もボロボロに。
すると、少しずつ話したり理解できるようになっていくのが楽しくなって
家では常に英語の独り言で話す練習もしていました。

 

そして、1年後には赤点だった英語が、学年1位となりました。
(対照的に国語はてんでだめで、学年最下位をとったこともあります・・汗)
学校の成績を上げたいと思って勉強していたわけではなかったのですが
理解して話せるようになりたい、という目標に向かって努力をした結果でした。

 
 
「小さなことからコツコツと」
本気になって努力することで道が開かれるという
この時の経験が、今も何かを始める時に背中を
後押ししてくれている気がします。

 

英語は、その後留学をしたりで学生の頃まではなんとか
話せていた気はしますが、今はすっかり忘れてしまいました・・・(遠い目)

またコツコツと英語の勉強を一から始めたいなぁと思っている今日この頃です。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました m(_ _)m