Worker's room

大切にしたいもの

はじめまして!

本日担当しますKです。

さて、テーマは座右の銘。うーん…難しい。

 

何か良い言葉ないかな〜ことば、言葉…

言葉と言われると、私は大学時代を思い出します。

大学時代はとにかくたくさん本を読み、たくさんの言葉に触れました。

読む本に追われて、●マゾンのレビューで済ませようと何度試みたことか…

ほとんどうまくいきませんでしたが。

 

そんな、理想の大学生活とかけ離れた生活をしていた時に出会い、今でも印象に残っている言葉をご紹介します。

 

”build bridges, not walls”

 

訳す必要も無いかもしれませんが、「壁ではなく、橋を架けよ」といった感じでしょうか。

元々はニュートンが残した言葉から来ているそうですが、英語圏の国では「国境のない世界を」というニュアンスで有名な言葉らしいです。

私にとっては世界とか大きなテーマでなく、日々の生活で心がけることで人生が豊かになる気がしています。

 

例えば、初対面の人と話をする時、「人見知りで…」とよく言ってしまいます。

私以外にもいらっしゃるかもしれませんね。

私もある時初対面の方に言われて、この言葉がまさに壁であることに気付きました。

「人見知りで…」の「…」には、「なので初対面のあなたとお話しするのは難しいです」

というニュアンスに捉えられてしまうのではないかと。

(考えすぎかもしれませんが、私はその時そんな印象を持ったのです。)

「緊張していますが、お会いできて嬉しいです」なら、少し場が和むのかな?

でも、そんなこと言える?恥ずかしくないか?とか、色々考えました。(もちろん後からです)

でも、こうやって少しずつ考えて、少しずつ実践してみることが、”build bridges”に繋がると信じています。

 

コロナで社会が激変して一年、人と距離を取るという新しい生活様式により、

人との関わりが減ってしまっていますよね。

人と会うことが簡単でなくなった今、人間関係をさらに大切にしたいと思うようになりました。

その上で、この言葉をいろいろな場面に当てはめて、今までのつながりをより大切に、

新しい出会いにはもっと感謝して過ごしていきたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました(^^)