Worker's room

授業で教えてほしい~!「社会保険制度・年金」

 

こんにちは!街クリワーカー1年生のM(関西在住)です。
街クリワーカーになって通勤がなくなり、
念願だった「季節を感じながらの朝ウォーキング」を開始しました~
今まで後回しになっていたライフスタイルが、まず1つ叶って嬉しく思っています。

 

さて、ブログテーマ「年金」
ちょうどタイムリーに日本年金機構からの封書が目の前にあります。
学生の家族宛てに、数日前に届いたばかりです。

 

封書を開けた受け取り人から、さっそく質問が繰り出されました。

 

「学生納付特例って何?」
「学生も年金保険料を払ったほうが得!みたいな文書が入ってるけど、本当なの?」
「じゃあバイト代から年金保険料を支払ったとして、支払った分に見合う年金が将来絶対にもらえるの?」

 

今まで、なんとなーくスルーしてきた年金について、
目の前の若者に直接問われ、モゴモゴしている私がいます・・・

 

地震の避難について親子で繰り返し話すことはあっても、
年金について話す、ということはありませんでした。

 

小学校や中学校で、選挙についての授業はあるけれど、
社会保険制度や年金の授業ってないのかなあ。
とっても大事なことだから義務教育で専門の先生に教えてもらう機会があればなあ。

 

と、私が遠い目でぼんやり考えているうちに、今週の親子ミーティングの議題が決まりました。

 

「年金制度と学生特例」

 

スラスラ語れるように、今から研究を開始いたします・・・!