Worker's room

若かりし頃の自分

こんにちは。
昨年末より街クリの仲間に入れていただきました、千葉県在住Oです。

 

年金というテーマを聞いて、まず思い出したのは、まだ若かった頃の自分。
将来にギラッギラの夢と期待を描いていて。
若かったなー、未熟だったなー、と。

 

いや、今その夢が全く叶ってないというわけではないのですが。
若い頃の自分は「とにかく一生稼げる仕事をする!」なんて思っていたので、働けなくなった後の備えや、年金というものにそこまで重きをおいてなかったのです。
「将来ちゃんともらえるかわからないし」なんて声も周りから聞こえてきたり。

 

年金なんてよくわからないし難しいし、とりあえず年金に頼らない人生を目指せばいいんじゃない!?いっか払わなくて。と、若い頃の自分は思ってました。
今、そいつの頭を軽めに引っぱたいてやりたいですが。笑

 

そこからウン10年、、色々な人に出会い、仕事をすることの厳しさや、生活する上でどれだけ必要なものがあるか、将来の備えって無いよりある方がいいって事を自分なりに学びました。

 

それって年金だけではなくて、色々な面で、ですけど。
家庭をもったり子供ができたり、自分が稼ぐこと生きることが自分のためだけではなくなって。
まだまだ人生勉強中ですが。

 

ちなみに「一生稼げる仕事をする」夢はまだあきらめていないんです。
それでも守るべきもののために、まず自分の備えはしっかりしておかないと!と思う今日この頃です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。