Worker's room

時代の流れに頑張って乗ろう!

ご無沙汰しております。

夜の飲酒を控えてから、体調が良くなり、朝が辛くなくなったヨッシーです。
(どれほど飲んでいたのか自分でも少し怖いです。。。)

さて今月のテーマは「リモート」ということで、まずは、

このご時世に、リモートでお仕事ができることを有難く思うとともに、

改めて街クリさんに感謝したいと思います!

 

そして「リモート」と聞いて、蘇る思い、

「ついに!手塚治虫先生の世界に追いついた!」です。

小学生の頃に夢中で読んでいた21世紀を描いた数々の物語
(鉄腕アトム以外にもたくさんの作品で未来が描かれています!)

 

周囲では『りぼん』なる少女漫画で盛り上がっている中、

私は手塚ワールドにどっぷり浸る少し変わった子でした…(笑)

そんな漫画に読みふけっていた頃の私の年齢に、わが娘が近づいてきて、ハッと驚くのです。

あれまぁ~!友達とテレビ電話してる。。。。
(私のスマホを使ってですが)

 

絵空事と思われていたあの時代、漫画で描かれていたあの機械!

「??電話なのに、お互いの顔を見ながら話してる?いいなぁ~あれ!」→PCですね

「きゃー!その箱から顔が飛び出してるう~!!!」→VRですね

それらが現実の物になるとは!昭和の時代に育った私にとっては本当に驚きなのです。

 

 

あったらいいな。便利だな。

これを実現させる、驚くべき能力が人間にはあるのですね。
(並大抵の知能では、実現不可能ですが…)

世界中の人達と交流を持てる。行ったことのない場所に行った気分にもなれる。

便利で素晴らしい時代になったと思います。まさにワールドワイドです!

 

しかし、私は、「あんな便利なもの、あったらいいな~。」なんて

あれこれ画策している時代でも満たされていましたし、幸せだった(*´ω`*)

と懐古の情に浸りつつ…

世の中はどこまで便利になるのだろう?変わりゆく時代のスピードについていけるかな?

といささか不安にもなるのです…

 

 

今読んだら、「おっかしい~(^◇^)」って笑っちゃうのかな?

いやいや、きっと夢中になるはず!

と『火の鳥』を読み直してみよう!と思うのでした。

中年おばさんの独り言みたいになってしまってすみません!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。