Worker's room

光と影と底力

こんにちは!北海道在住のIKです。

連日オリンピックが賑わいを見せていますね。今大会から新しく加わった新競技であるスケードボードやサーフィンなど、今まで全く縁のなかった種目ですが、競技としてじっくり観るとカッコよくて面白い!意外な発見をしました✨

 

さて先日、ケニアに行って来ました!リモートで!
詳しくは、オンラインサファリツアーに参加しました。
地平線いっぱいに大草原が広がり、朝焼けを背景に見たことのない動物たちが走っていたり、親子で寛いでいたり。画面の向こうではありましたが、映像をリビングのテレビに映し、あたかも現地に行ったかのように感じられました。
また、現地のガイドさんがリアルタイムで動物の生態を解説してくれたり、参加者の質問に答えてくれたりして、片言の日本語でのオンライン交流も楽しいひとときでした。
実際に現地に行くことはなかなか叶いませんが、普段のテレビ番組で見る映像とは一味も二味も違って、とても新鮮な体験となりました。

 

コロナ禍で一気に広まったリモートですが、オンラインツアー以外にも学生時代以来疎遠になっていた友達とのオンライン同窓会や以前から参加してみたかったセミナーの受講、子供達の習い事のオンラインレッスンなど不便な中にあっても新しい経験に挑戦できました。
そして、街クリのお仕事での出会いを始め、リモートのおかげで日頃直接会えない方々との心の距離が少し近くなった気もします❤

 

苦しい状況の中でも新しい価値を創り出せる人間の底力は素晴らしい!
全ての物事には光と影があると言われますが、コロナを経験したからこそ生み出される光の面に注目して、少しでも明るい未来に向かっていきたいですね。

 

暑い日々が続いていますが、皆さまお体に気をつけて、夏を乗り切っていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

最近(もともと?)物忘れのヒドい私に贈られた子供からのプレゼント(応援団付き)↓