Worker's room

「1日1捨」~ムダな家賃を払わぬために~

こんにちは!

街クリでお仕事を始めて5か月が経った、北海道の道東在住のYです(^^)

 

我が夫は転勤族なので、2~3年に1回は引っ越しを繰り返しています。

結婚して、引っ越して、子どもが生まれて、また引っ越して・・・

家族構成や住む場所、仕事などライフスタイルが変わるときに目を背けてきたのが「不用品の処理」!

「今回の家、窓大きいからカーテン買い替えないといけないけど、また次の家で使うかもだよね?」

と、古いカーテンを段ボールにゴソっと取っておいたり・・・

引っ越すたびに荷物が増えていくという、負のスパイラルからなかなか抜け出せずにいました。

 

しかし、妊娠を機に収納・お片付け関連の本を読み漁り、そこで衝撃を受けた一言が↓↓

 

『物は家賃を払ってくれません!』

 

おぉぉぉ確かに・・・・・耳が痛い(>_<)

家族が過ごす空間(家)を確保するために払うのが【家賃】だけど、物が過ごす空間にも【家賃】がかかってるんだなぁと気づかされました。

2LDKのアパートに住んでいるのに、1部屋は完全に物置部屋で、実際に過ごしているのは1LDKの部分だけ。

来客用布団とか手放せないものがあるとしても、収納のために1部屋多い間取りの家賃を払ってることになるんだなと。

「うわぁ、なんか勿体ないことしてる!?」と、何もかも一気に捨てたくなりました。笑

 

でも、いざ物を捨てようと思っても、思い出に浸ってしまったり、整理整頓でごまかしてしまったり・・・

そこで、色々な方の本やインスタなどで見かけて始めたのが「1日1捨(いちにちいっしゃ)」です!

文字どおり、1日1個なんらかの物を処分することですね。

=====================
★クリーニングについてきたハンガー

★傷の増えてきた保存用容器(タッパー)

★無料で貰った企業のロゴ入りボールペン

★いつか出番あるかも!と残していた紙袋
=====================

↑こういうちょっとした物、気づいたら結構溜まってませんか?

我が家だけでしょうか?(^^;)

プレゼントで貰った品とかは処分しにくいけど、無料で貰った物や、必要な時にすぐ買い直せる物なら気楽にポイっとしやすいです。

1日たった1個でも、1年続ければ300個以上の不用品を手放せることになりますよね。

一気に300個の物を捨てるのは無理でも、これならできます!

ハードルが低くないと続けられないので、私にはこのやり方が合っているみたいです。

 

よかったら一緒に「1日1捨」チャレンジ続けてみませんか?(^^)

これからも、ライフスタイルの変化でどんどん物が増えていかないように、1日1個ずつでも減らしていこうと思います!

ムダな家賃を払わぬために・・・

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!